薄毛治療薬ランキング

ミノキシジル(内服薬)の服用方法・副作用

ミノキシジル(内服薬)の服用方法・副作用

ミノキシジル内服薬の服用方法・副作用について説明しています。内服薬は効果が全体的に現れるのが特徴です。

自分にあった薄毛対策

自分にあった薄毛対策

薄毛の原因別に対策方法を紹介しています。

薄毛の原因と経過

薄毛の原因と経過

男性特有の薄毛であるAGAの原因と進行の仕方を説明しています。

フィンペシア

フィンペシア

プロペシアジェネリックのフィンペシアについての説明です。同じ効果ですが10分の1ほどの価格で購入することができます。

ミノキシジル(外用薬)の使用方法・副作用

ミノキシジル(外用薬)の使用方法・副作用

ミノキシジル外用薬の使用方法・副作用について説明しています。内服薬よりも副作用が少ないのが特徴です。

女性のびまん性脱毛症

女性のびまん性脱毛症

女性によくおこるびまん性脱毛症の症状と原因について説明しています。

ミノキシジルの詳細

ミノキシジルの詳細

ミノキシジルについて詳しく説明しています。外用薬と内服薬の併用も可能です。

ミノキシジルタブレットって?

ミノキシジルタブレットって?

ミノキシジル先発薬ロニテンのジェネリックであるミノキシジルタブレットについての説明です。安価で購入できるので人気の商品です。

プロペシアの服用方法・副作用

プロペシアの服用方法・副作用

プロペシアの服用方法・副作用について説明しています。プロペシアは薄毛の原因となるDHTの生成を抑えることで抜け毛を防止します。

ミノキシジル外用薬と内服薬

ミノキシジル外用薬と内服薬

ミノキシジル外用薬のリアップシリーズとポラリスシリーズ、内服薬のロニテンについて説明しています。

ミノキシジルとプロペシアの併用

ミノキシジルとプロペシアの併用

ミノキシジルとプロペシアの併用について説明しています。ミノキシジルで増毛し、プロペシアで抜け毛を抑えることができます。

薄毛治療薬アボルブ

薄毛治療薬アボルブ

プロペシア同様DHTの生成を抑える薬です。DHTを生成する5α還元酵素をより多く阻害するため抜け毛防止効果も強いのが特徴です。

薄毛治療薬ランキング

ミノキシジルとプロペシア

ミノキシジル、Minoxidilとは、血管を拡張する血管拡張剤として開発をされた成分で、開発ののちに、発毛を促す効果があることがわかり、発毛剤として使用されるようになりました。

日本では知られていないが、海外では、ロゲイン、Rogaineという商品として販売され、日本国内では、テレビコマーシャルでおなじみの一般的な医薬品で大正製薬よりリアップというシリーズにて販売されています。

もともと、この成分は1960年代に現在でいうファイザー製薬が、高血圧の経口薬として用いていて、そこから髪を育毛し脱毛症を回復されるといった効果が確認され、それ以降は上記であげたロゲインとして商品が販売されました。

このミノキシジル以外にも薄毛、AGA(男性型脱毛症)に効果があるとされる商品はいくつか存在しており、その中でも人気を博している商品の一つとされるのが、プロペシアとなります。

プロペシアは抜け毛の原因DHTを抑える薬。

このプロペシアの有効成分はフェナステリドで、この成分で知られることとしては、育毛には関連性はありませんが、ステロイド等と同じく、ドーピング剤として一時期は登録されておりましたが、実際に筋肉増強剤などの検出が可能となったことにより、2009年にはそのドーピング剤としての登録を外されました。

主にAGAで悩む男性の場合は、DHT(ジヒドロテストステロン)が多く存在するといわれています。そのDHTの成分の発生および生成することを抑制することが期待されるのがこのプロペシアの成分となります。

上記のこれらの商品を購入数をする場合、日本国内にて販売している商品は、リアップということを取り上げ説明をしましたが、今現在ではインターネットが普及したこともあり、日本国内では販売されていない商品、日本国内では未発売である未承認薬でも、個人輸入といった形式にて入手することが可能です。

しかし日本国内での販売がされていないということは、それだけ効果効能が強すぎることによる副作用が心配されるといったことが原因ともいわれています。実際に使用する際は、自分に適した商品を良く見極め、正しくそして適量にて自己責任のもと使用することが重要だと思われます。

プロペシアを購入する

ミノキシジル・プロペシアの便利な購入方法

ミノキシジルは外用薬のみ、プロペシアは病院処方でのみの販売となっていますが個人輸入代行通販でミノキシジルの内服薬や外用薬、プロペシアを購入することができます。

個人輸入代行って?

海外の商品を個人的に輸入するのが個人輸入ですが実際に輸入するとなると言葉の壁や決済方法の難しさなど個人ではなかなか出来ません。

また商品が実際に届くかの保証もなくトラブルが起きても自己責任となります。そこで代わりに輸入して商品を届けてくれるのが個人輸入代行です。

個人輸入代行のメリット

・とにかく格安で購入できる。

日本でミノキシジル・プロペシアを購入する場合先発薬の販売のみとなるので高額になります。

ミノキシジルの外用薬は1本(1か月分)約7000円、プロペシアの病院処方になるとひと月約2万円以上の診察代と薬代がかかります。

そのせいか日本ではあまり薄毛治療が進んでいないのが現状です。個人輸入の場合海外の医薬品を購入できるので日本での販売がないジェネリック医薬品を購入することができます。

ミノキシジル(ロニテン)のジェネリックは1錠28円~、ミノキシジル外用薬は約2000円~プロペシアのジェネリックは1錠36円~と格安で購入できる上に、処方箋が必要なく余計な通院費用もかかりません。

・病院に行く手間がかからない。

忙しい人にとって病院の時間を作るのは結構大変です。

また人に薄毛に悩んでることを知られたくないのに知っている人に会ったらと思うとなかなか行けないという人も薬だけを通販で自宅に居ながら手に入れられるのはとても便利ですね。

・薬の中身は同じなので安心・安全

薬は海外で使われているジェネリックで日本で取扱があるミノキシジル外用薬とプロペシアと中身は同じです。

ミノキシジル外用薬は日本製の「リアップ」と全く同じものでパッケージがアメリカ使用の「ロゲイン」のジェネリックが販売されています。

プロペシアも病院で処方されるものと同様の成分なのでどちらも不安なようでしたら先に日本のものを試してから購入するのもありですね。

個人輸入代行のメリット

最近その人気・需要から増えている個人輸入代行サイトですが中には偽物を販売したり、金銭だけ受けとって商品が送られなかったり、と悪質なサイトも出てきています。

怪しいサイトを見極めるポイントとしては、口コミをよく調べるのとカスタマーサポートがしっかりしているかどうか確認することです。

薄毛治療薬の通販

ミノキシジル・プロペシア情報局について

薄毛の治療薬であるミノキシジルとプロペシアについて詳しく説明しています。
また薄毛の基礎知識や、安価で購入できるジェネリックの紹介もあるのでCHECKしてください。