ミノキシジルで男性型脱毛症を改善する方法について説明いたします。

AGAで悩む薄毛なあなたへ、ミノキシジルを。

AGAに効果的なミノキシジル

ミノキシジル、英語でMinoxidilとかきますが、みなさんはご存知ですか?
薄毛対策に効果があるとされる成分の名前なのですが、これらを使用する…

ミノキシジルについて

ミノキシジル、Minoxidilとは、血管を拡張する血管拡張剤として開発をされた成分で、開発ののちに、発毛を促す効果があることがわかり、発毛剤として使用されるようになった。
日本では知られていないが、海外では、ロゲイン、Rogaineという商品として販売されている。
日本国内では、テレビコマーシャルでおなじみの一般的な医薬品で大正製薬よりリアップというシリーズにて販売された。
もともと、この成分は1960年代に現在でいうファイザー製薬が、高血圧の経口薬として用いていた。そこから髪の育毛し脱毛症を回復されるといった効果が確認され、それ以降は上記であげたロゲインとして商品が販売された。
このミノキシジル以外にも薄毛、AGA(男性型脱毛症)に効果があるとされる商品はいくつか存在しており、その中でも人気を博している商品の一つとされるのが、プロペシアとなります。
このプロペシアの有効成分はフェナステリドで、この成分で知られることとしては、育毛には関連性はありませんが、ステロイド等と同じく、ドーピング剤として一時期は登録されておりましたが、実際に筋肉増強剤などの検出が可能となったことにより、2009年にはそのドーピング剤としての登録を外されました。
主にAGAで悩む男性の場合は、DHT(ジヒドロテストステロン)が多く存在するといわれています。
そのDHTの成分の発生および生成することを抑制することが期待されるのがこのプロペシアの成分となります。
上記のこれらの商品を購入数をする場合、日本国内にて販売している商品は、リアップということを取り上げ説明をしたが、今現在ではインターネットが普及したこともあり、日本国内では販売されていない商品、日本国内では未発売である未承認薬でも、個人輸入といった形式にて入手することが可能です。
しかし日本国内での販売がされていないとうことは、それだけ効果効能が強すぎることによる副作用が心配されるといったことが原因ともいわれています。
実際に使用する際は、自分に適した商品を良く見極め、正しくそして適量にて自己責任のもと使用することが重要だと思われます。

■オススメのサイト
 薄毛治療のプロペシアの通販先はコチラ