薄毛治療薬ランキング

薄毛の原因と経過

思春期の間から悩みだす方もいる薄毛。
悩んでない人にとっては何の問題もないのですが、若くして薄くなってしまうとやはりほとんどの方が悩みます。
特に男性には特有のハゲ方があり、前髪がM字状態に薄くなってしまうのと、頭頂部が丸く薄くなってしまう状態です。
そのまま放置すると、いわゆる波○ヘアーになってしまうかも知れません。
これは男性にしかないハゲ方で、男性型脱毛症といいます。
一般的にはAGAと呼ばれていて、最近ではCMや、広告などで治療薬の宣伝をしているおかげで世間一般的に知られるようになりました。

なぜ男性だけ特有的なハゲ方をするの?

その原因の多くは男性ホルモンだとされています。
通常時のテストステロン(男性ホルモン)が、5a-還元酵素によって、DHT(ジヒドロテストステロン)に変えられます。
このDHTには髪の成長を抑制する働きがあるので男性型脱毛症は発症すると考えられています。
30代以降からテストステロンがDHTに変化するのが多くなることから、30代以降に薄毛になる人が増えてくるというわけです。
30代以降になる脱毛症の事を壮年性脱毛症と呼びます。しかし、個人差もあり20代前半で脱毛症が始まってしまう方もいます。
DHTが髪の毛の乳頭細胞などに結びつき、通常のヘアサイクルを短い周期にしてしまいます。
通常ですと数年かかって生え変わるものが、数か月で成長しぬけていくので、髪の毛は成長しきれず細いままになってしまいます。
髪の毛が成長しきれないと地肌がみえてしまい、余計に薄く感じます。
AGAは放置すると進行する一方なので、早めのうちに対処することが大事です。

育毛剤は医薬品成分配合のものがおすすめ!

頭皮に直接塗る育毛剤など、本当に効果があるの?と思ってる方は多いと思いますが、医薬品として販売されているものは効果が期待できます。
特にミノキシジルという成分は海外ではかなり効果的だと認められていて。ロゲインという製品名で育毛剤として販売されています。
日本では同じ成分のものが大正製薬からリアップシリーズで販売されています。
しかし安全性の相違から、日本では成分量5%未満のものしか認められていません。
ドラッグストアなどでも購入できることから、安全性は確立されていますが、効果のほどは海外のものに比べると抑えめとなっています。

薄毛治療薬の通販

ミノキシジル・プロペシア情報局について

薄毛の治療薬であるミノキシジルとプロペシアについて詳しく説明しています。
また薄毛の基礎知識や、安価で購入できるジェネリックの紹介もあるのでCHECKしてください。