薄毛治療薬ランキング

ミノキシジルとプロペシアの併用は効果UP??

薄毛治療薬であるミノキシジルとプロペシアですが、薄毛を治すという面では同じでも、作用の仕方が根本的に別物です。
ミノキシジルは血管を広げることで血流を促進して髪の毛の成長を促すという作用がある一方、プロペシアのフィナステリドにはDHT(ジヒドロテストステロン)が生成されるのを防いで
抜け毛を阻止する作用があります。

ミノキシジルは増毛に特化していて、プロペシアは抜け毛防止に特化しているといえます。

両方使うことでさらに薄毛改善!

たとえばミノキシジルだけを使用している人の場合、血行が改善されて毛が増えても
DHTによって抜け毛が多ければ、結局生えてきた髪も抜けてしまいいまいち効果が実感できない・・・。
なんてこともあり得ます。
また逆もしかり、プロペシアだけ服用していても、DHTによる抜け毛を防いでも、頭皮の血行が悪く栄養が滞って結局髪が増えないという結果も考えられます。
そこで両方の成分を取り入れることでDHTによる脱毛症状と血行不良による薄毛どちらとも改善できるのです。
抜けずに増える!それが薄毛治療において一番大事なのです。

欠かさず続けることが大事

ネットの口コミで効果がなかった、という意見もみられますが、確かに個人差はあり、全員が一人残らず効く薬というものは存在しないはずです。
しかし、はたして毎日欠かさず正しい方法で服用した結果なのでしょうか?
薄毛治療で大事なのは毎日欠かさないことはもちろん、長期間の使用です。
1か月や2か月で効果が得られるものではありません。
最低でも6か月は続けなければいけません。
日本では薄毛治療に対して保険適応を認めていないため、自己負担額が大きいのが事実です。そのため何日か飲めなかったり、服用を中断してしまう人が多いのです。それでは効果が見られないのは当然です。

個人輸入代行で安く購入できます。

もし経済的に厳しくなって努力が水の泡・・・。そんなの絶対いやですよね。
実はミノキシジルやプロペシアの購入は病院処方以外に個人輸入代行サイトで購入できます。
日本で購入することのできないミノキシジル内服薬のロニテンやリアップと同様の成分のロニテンのジェネリック医薬品、プロペシアのジェネリック医薬品など
を取り扱っているので、安価な上に好きなものを自分で選ぶことがあります。
また海外基準なので日本の医薬品よりも成分濃度が強いものもありますので自分に合ったものを見つけることができるかもしれません。

薄毛治療薬の通販

ミノキシジル・プロペシア情報局について

薄毛の治療薬であるミノキシジルとプロペシアについて詳しく説明しています。
また薄毛の基礎知識や、安価で購入できるジェネリックの紹介もあるのでCHECKしてください。