薄毛治療薬ランキング

自分にあった薄毛対策

薄毛になるには必ず理由があります。
自分の薄毛の原因をきちんと理解することで薄毛を効果的に治療することができます。

薄毛の原因

髪の毛が細くなった、抜け毛が増えたなど薄毛のタイプも様々ですが主な原因は大きく4つに分けることができます。
①遺伝
②精神的ストレス
③食事・生活習慣
④男性ホルモン
これらの原因絡みあうことで薄毛は引き起こされます。
実は誰にでも薄毛は起こりうることが分かりますね。

薄毛を改善するには?

①遺伝
ハゲは遺伝するといわれていますが実際に遺伝するのはデンセイホルモン受容遺伝子です。
薄毛遺伝子とも呼ばれるもので男性ホルモンの働きと関係しています。(しかし詳しいことはいまだ解明されていません。)

遺伝ならあきらめるしかないの?と思うかも知れませんがあきらめる必要はありません。
生活習慣を改善することでも男性ホルモンの量は抑えることができます。
特にこのタイプに有効なのは薄毛治療薬プロペシアで男性ホルモンを抑える成分が入っているため、薄毛を効率よく改善できます。

②精神的ストレス
強いストレスが続くと交感神経が刺激されます。
交感神経が刺激されると心臓や四肢などにつながる大きな血管は血流が促進されますが毛細血管が収縮し血行が悪くなります。そのため毛頭まで栄養がいかなくなってしまい抜け毛が増えたり毛が細くなります。
改善するにはストレスを根本からなくすことが大事ですが、なかなかそんな簡単にはいかないと思います。
適度な運動や質の良い睡眠、湯船にきちんとつかるなどできることから始めましょう。

③食事・生活習慣
脂っぽい食事や野菜をあまりとらないなどの偏った食事をとっていると、皮脂の分泌がさかんになり、
頭皮の毛穴がつまり、薄毛になる原因となります。
野菜にはビタミンなどの栄養素が含まれていて、発毛に良いので積極的に摂取しましょう。
また生活習慣ではたばこやお酒が大きく関係してきます。
たばこは血液の循環を悪くするため頭皮に栄養がいかなくなります。
お酒に関しては適量であれば問題ありませんが脱毛する働きのある成分を増加させてしまいます。
運動不足や寝不足も体内の血流が悪くなる原因なので注意してください。

④男性ホルモン
体内5αリダクターゼという酵素がテストステロン(男性ホルモン)とくっつくことで
脱毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)が発生します。
このジヒドロテストステロンをなるべく減らすためには適度な運動と食事に気をつける必要があります。
運動することによってテストステロンが筋肉つくります。そのため5αリダクターゼと結合する量が少なくなり
自然とDHTを少なくすることができます。
食事で積極的に摂取してほしいのはイソフラボンと亜鉛です。
5αリダクターゼを抑制する効果があります。
イソフラボンは納豆や豆腐などの大豆製品、亜鉛は牡蠣に多く含まれています。

実践しても改善されない場合はミノキシジルやフィンペシアの服用をお勧めします。

薄毛治療薬の通販

ミノキシジル・プロペシア情報局について

薄毛の治療薬であるミノキシジルとプロペシアについて詳しく説明しています。
また薄毛の基礎知識や、安価で購入できるジェネリックの紹介もあるのでCHECKしてください。