薄毛治療薬ランキング

ミノキシジル(外用薬)の使用方法・副作用

ミノキシジルの内服薬は発毛剤としては認可されていませんが、外用薬は認可され日本でも「リアップ」という名前で大正製薬から販売されています。
アメリカでは同様の製品を「ロゲイン」という名前で販売しています。ドラッグストアなどに置いてあったりCMもされているのでご存じの人は多いかと思います。
これらはミノキシジルを頭皮に直接塗ることで毛根に刺激を与え、血行を促進し増毛させるという効果があります。
内服薬よりも副作用が少なく、なおかつ女性でも使用することができます。

ミノキシジル(外用薬)の使用方法

・1日2回朝晩に適量を頭皮に塗布してください。マッサージするように頭皮にもみこみましょう。
※たれて目に入ると炎症や充血を起こす可能性があるので、つけすぎには注意が必要です。

・薬を塗ったあとは染み込むまでシャンプーや整髪料を使用しないでください。
⇒薬の効果が得られない場合があります。寝る前に塗る場合はすぐ横にならずにしっかりと乾かしてください。

・12時間使用間隔をあけてください。
⇒成分の体内濃度が高くなると副作用が出やすくなります。
たくさん使うから発毛効果が高まるというわけではなくあくまで大事なのはサイクルです。

効果が出るまでには3か月以上の使用が目安となります。

ミノキシジル(外用薬)の副作用

・頭皮のかぶれやかゆみ
⇒皮膚が弱い方は炎症を起こす場合があるので事前にパッチテストを行うようにしてください。

・めまい、頭痛、低血圧
⇒頭皮の血管から体内にも成分が吸収されるため、血圧低下やめまい、頭痛などが現れる場合があります。

・妊娠中・授乳中の女性、未成年の使用はできません。
⇒胎児や母乳に成分が移行する可能性があるので使用は禁忌となっています。
未成年の使用も安全の確認がとれていないので使用は控えてください。

ミノキシジル(外用薬)は高価??

日本で販売されている「リアップシリーズ」は1本(1ヶ月分)で約7000円と少々高い金額となっています。
値段のせいで治療を継続できないという人は少なくありません。
そこで最近人気なのが海外版「ロゲイン」のジェネリックです。
一本あたり約2000円から購入できるのが魅力です。
中身も全く同じで効果も同じであれば安いものがいいのは当然ですよね。
もちろん日本の薬局や病院で手に入れることはできないので個人輸入代行を使用する必要があります。

お得にジェネリックを購入することで経済的負担を抑えて薄毛を治療することができます。

薄毛治療薬の通販

ミノキシジル・プロペシア情報局について

薄毛の治療薬であるミノキシジルとプロペシアについて詳しく説明しています。
また薄毛の基礎知識や、安価で購入できるジェネリックの紹介もあるのでCHECKしてください。