薄毛治療薬ランキング

ミノキシジル(内服薬)の服用方法・副作用

ミノキシジルには内服薬と外用薬があります。
それぞれ服用方法が異なり効き方も違ってくるので自分に合ったタイプを選ぶと薄毛が効率的に解消できます。

ミノキシジル内服薬のロニテン

もともとは高血圧のための血圧降下剤として開発された薬です。
臨床試験で毛が濃くなるという副作用が見られたため、発毛剤としても研究されました。
血管を拡張して血圧を下げるため、血流が良くなることで、頭皮の血行も良くなり毛根細胞が活性化され栄養が行きとどきやすくなるとされています。

内服薬であれば体の中から吸収されるので全体へと効果が発揮できます。
しかしながら外用薬よりも効果が強く表れる反面、副作用も強く表れる場合があります。
そのため、まだ育毛剤としての認可はとれていません。

個人輸入代行って?

・基本は1日2回、朝晩 5mgを1錠服用ですが初めての人は試しに2.5mgを1回服用することをおすすめします。
そこから効き目や体調に合わせて用量を増やしてください。
※血圧が下がりすぎてしまう可能性があるので1日10mg以下を厳守しましょう。

・朝晩2回に分けてのむことで体内の薬の濃度が一定となり、日中と寝ている間に効果を得ることができます。

・飲むタイミングは食事に影響されませんので、空腹時や食後でも好きな時に飲むことができます。
毎日一定の時間に飲むことで頭皮サイクルが整い効果が出やすくなります。

薬を服用するだけでよいので、外用薬と違い塗る手間などが省け、時間がない人や忙しい人にはおすすめです。

ミノキシジル(内服薬)の副作用

・多毛症
⇒発毛効果によって髪の毛以外にも全身の毛が濃くなることがあります。
内服薬の場合は頭皮だけに効果を出すのは難しいです。

・動悸・めまい・血圧低下
⇒もともと高血圧の人の薬のため、正常な血圧の人は動悸やめまいを起こすことがあります。
ほかにも頭痛・むくみ・嘔吐などが見られる場合もあります。

・妊娠中や授乳中の女性、未成年の服用はNG。
⇒成分が胎児や母乳に移行すると危険です。
未成年の場合の服用も安全性が保障されていないので思わぬ健康被害が起こる可能性があります。

このように発毛効果は素晴らしい薬ですが、思いがけない副作用もあります。
必ず用量を守るのはもちろんのこと、異常を感じた場合はすぐ医師に相談するようにしてください。

薄毛治療薬の通販

ミノキシジル・プロペシア情報局について

薄毛の治療薬であるミノキシジルとプロペシアについて詳しく説明しています。
また薄毛の基礎知識や、安価で購入できるジェネリックの紹介もあるのでCHECKしてください。