薄毛治療薬ランキング

女性のびまん性脱毛症

薄毛は男性だけのもの!と思われていますが
最近、女性の薄毛、中でも20代・30代の薄毛が増加傾向にあるようです。
「びまん性」という脱毛症の人が多く髪のボリュームが薄い、頭皮が見えそう、髪が細くなった、コシがない。などの症状が出てきた人は可能性ありです。

びまん性脱毛症って?

女性男性型脱毛症(FAGA)と呼ばれる男性型脱毛症(AGA)の女性版です。
なぜ男性型の脱毛症に女性がなるのかというと簡単な話女性の体内にも男性ホルモンが存在しているからです。
男性ホルモンであるテストステロンとジヒドロステロンが毛髪に与える影響は男性と同様ですが、
本来女性には女性ホルモンが存在し、発毛を促す働きをします。そのため女性は薄毛になりにくいのです。
しかし、女性ホルモンが活発であればテストステロンの割合は大変少ないので薄毛にはなりませんが
女性ホルモンの分泌が滞ると薄毛になる可能性があるのです。
要するに原因は女性ホルモンの減少になります。

女性ホルモンが減少するのはどうして?

・加齢
女性ホルモンは年をとるにつれて減少し、閉経すると急激に減少します。
ホルモンバランスがみだれ、男性ホルモンの割合が上がるので脱毛しやすくなります。
また、皮脂やコラーゲンも減少するため頭皮にも潤いがなくなり薄毛の原因となります。

・出産、ピルの服用
妊娠中にホルモンバランスが乱れ、ヘアサイクルが乱れるので出産後に脱毛が起きます。
これは一時的なものでほとんどが自然と治ります。
またピル(経口避妊薬)も同様にホルモンバランスが乱れるので服用中止後に脱毛しやすくなります。

・ストレス
ストレスによってホルモンや交感神経が乱れます。女性ホルモンが減少したり、血管収縮がおこり血行が悪くなることで毛髪に栄養がいかなくなります。

・ダイエット、食事の偏り
ダイエットで体が栄養不足になると女性ホルモンの分泌が減り、毛髪に必要な栄養も不足します。
また、外食で油分の多い食事が増えると皮脂分泌が増え毛穴が詰まりやすくなり、血行が悪くなることで抜け毛が増えます。

女性ホルモン以外の原因

・過度なヘアメンテナンス、間違ったシャンプー
カラーやパーマを頻繁に行うと頭皮が傷つき抜け毛が起きやすくなります。
また、洗浄力の強いシャンプーを使ったり、頻繁に洗うと頭皮の必要な皮脂まで落としてしまい、さらに皮脂分泌が活性化し、余計に頭皮が不衛生になります。シャンプーの洗い残しにも注意が必要です。

女性用の育毛剤もおすすめ。

びまん性脱毛は早めに原因に気がつき治療すれば改善できますがひどくなると自力で治すのは困難です。
女性でも使える育毛剤ミノキシジルもありますので、ぜひ試してみてください。

薄毛治療薬の通販

ミノキシジル・プロペシア情報局について

薄毛の治療薬であるミノキシジルとプロペシアについて詳しく説明しています。
また薄毛の基礎知識や、安価で購入できるジェネリックの紹介もあるのでCHECKしてください。